2017-10

Latest Entries

通院 2012.4.21

鍼の日。

すっかり病院の雰囲気に慣れたタンタン。
最初の頃はひどかった(>_<)
待合室で、人間用の椅子に飛び乗ったり下りたりを繰り返し
落ち着きないこと この上ない。
そんな有様を見ていた方に「まだ1、2歳ですか?!」と何度も言われ
その都度、「この子は小さい頃から落ち着きなくて」と
変な弁解してみたり。5歳(当時は)ですと素直に言えなかった(笑)
みんな涼しい顔して待っているのに、タンタンのみハァハァと
ドッグ・ブレス全開だったし。
まんべんなく、待合室の空気を乱す男だった。    

   DSC06175c.jpg  <でも、今じゃ、とってもイイ子なんですよ~>

タンタンの鍼の先生が、獣医師向けの医療雑誌「CAP」で
4月号から連載をされている。
タイトルは「中獣医学★通信」(中国医学)
先生自身、動物のリハビリを勉強するまで、東洋医学に否定的な
考えだったようで、そういう目線を意識して書かれていると。

   cap1204c.jpg   <先生、凄いです!>

コメント

タン坊も大人になったね~よしよし!その調子だ。(笑)
ここにくると気持ちがいい事が分かったのかな?
わたし自信も鍼の経験があるから 多分タン坊もそうじゃないかと
勝手に想像しています。(帰りはとっても楽になるのよ)

中国医学って・・鍼もそうなのね。
日本で言う漢方薬って日本古来のお薬だってことを つい最近知った
ばかりだから、鍼はどうなのか?疑問に思っていました。

以前鍼の効果を目の当たりにした事があって
ヘルニアのダックスくん、手術をしたけど歩けなかった
その後知人の鍼治療で歩くけるようになった
中型犬MIXくん事故に遭い半身麻痺
同じく鍼治療後ひきずりながらも感覚を取り戻した

効果は必ずある!でしょうね。

タンタンくん、空気を乱す・・・
ごめん、君の姿が目に浮かぶよ(笑)

Re: タイトルなし

くわとろさん

何度も通っているので、こちらの病院に慣れただけかも(苦笑)
他の病院へ行ったら、同じことの繰り返しかもしれまへん。
くわとろさんと同じく、鍼の後は本当に楽そうです。
足取りが軽くなります。診察台でもおとなしくしてるし
本犬も満更でもなさそうなの~。

東洋医学は、アーユルベーダ、チベット医学、中国医学などを含めた
アジア伝統医学の総称で、その中の一つでもある日本の医学を
「漢方医学」と呼ぶようです。
なので、漢方薬という名も日本式のようですね。
中医学では方剤というそうです。鍼も日本式と中国式では随分違うみたいです。

タンタンの足が悪くなければ、こうして鍼やマッサージに興味を覚えることも
なかったでしょう。あまり熱心な飼い主ではないけど、硬くなった頭に
新しい知識を入れられたのは、タンタンのお陰だと思ってます☆

Re: 鍼

ももままさん

タンタンが通っている病院にも、ヘルニアのダックスや
術後のケアで通われている方が多いようです。
私は鍼をうったことがないので、どのように、どんな感じで効いているか
わからないのですが、タンタンをみていると絶対に効果大だと
思います。西洋医学で行き詰ってしまった終末期の子にも
鍼はいいようです。

タンタンの姿、目に浮かぶでしょ~~!
ももちゃんと同じ血が流れているというのに、どうしてこうも
違うのかしら。家の中では結構ボッ~としてるけど、外に出ると
まったり感がまるで無いのです(笑)

鍼ってどこへ打っても害はないみたいじゃよ。
あたしが打っても大丈夫じゃって~~~(>_<;
と、人間の鍼師が言っておったさね。
あたし、たろうに打つかも、、、ふふふふふふふふふふ

Re: タイトルなし

たろはなママさん

えっ、どこへうってもエエのん?!
害はないけど、効き目は?!
鍼の最中360度回転するたろさん、その際は私が助手で
素敵ブロックするよ~♪ 

NHKの番組で見たんだけど、漢方薬に使う原料が需要が大きくなって
値上がりしているんだって。

腱の肥厚があるとTタッチの効果が現れないと教わったから、
鍼も同じかと思って聞いたら、
腱の肥厚に鍼を打った方が肥厚がとれやすいと聞いたざんすよ。

今やっている鍼治療は、たぶんツボにしか打ってないけん。
腱の肥厚に打ってみたくて。
今は教えてもらったつまようじ療法(ツンツンするだけ)を試してみてるでござるよ。

漢方薬、これ以上高くなると困る(T_T)

Re: タイトルなし

たろはなママさん

爪楊枝療法、ツンツン楽しそうでござるね。
100本くらい束ねてツンツンしてみようかな。
効き目バツグンだったりして(笑)

肩についてるバナナ型の肥厚がなかなかとれなくて。
お尻周りは、柔らかくなってるよ。(と、思う)

たぶん、もっと値上がりするようなこと言ってた(>_<)
輸入に頼らず、日本でも栽培を始めている所があるらしいよ。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

sayo

Author:sayo
ゴールデンレトリーバーと暮らしています。

2015.7.2生まれ 男の子。

2005.5.19生まれ 男の子。
左前肢の関節が悪く、リハビリ
治療中。2015.8.2天国へ。

お兄ちゃんゴル
1995.8.10~2004.12.22

 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

QRコード

 

QR