2017-04

Latest Entries

通院 2013.3.21

腎臓の機能をみる為の尿検査(3回目)
比重1.022 数値は前回と同じ。軽い。

エコーでの血流は正常。
血液検査値も正常値。
クレアチン0.7 
BUN13.0

これからエナラプリル系の薬を2週間投薬後、再度血液検査。
血管を広げて腎臓内の血圧を下げることで腎臓への負担を軽減できるらしい。
しかし、今の状態でこの薬が必要なのか。
2週間後の結果をみて先生と相談してよ~く考えてみよう。

動物病院の帰りにお友達の所へ。

           DSCN1284c.jpg

病院での結果は残念だったけど、ムッチ兄のお顔を見たら気持ちが晴れましたよ♪

コメント

タン坊、腎臓を定期的に診てるのですか?
尿比重値もBUN、CREもぜんぜん正常範囲で問題ないのになぜ?
と思いました。
処方された薬はACE阻害薬で血管を拡げることで心臓や腎臓の血圧を
下げ負担を軽くします。
初期の腎不全、腎機能低下時の腎臓保護には有効です。
シニアになったら飲ませた方がいいという獣医もいるくらいで安全な薬
ですが、薬によって腎排出、肝排出の率が違うのでもし腎機能を気にして
いるなら肝排出型の薬の方がいいでしょう。

Re: タイトルなし

イエロードッグさん

昨年9月のドック時に右腎盂がやや拡張していることがわかり
先生はその関係で尿比重1.022は軽いのではという見方をしているようです。
かなり慎重派のドクターです。

今回3回目の尿検査だったのですが、血液検査も正常ですし
エコーの結果も異状がないことから、投薬は必要ないのではと思いましたが
一応2週間服用してから判断しようと考えてます。 

腎臓を診ていただいている先生と鍼の先生は別の先生なので
鍼の先生からもアドバイスをいただこうと思ってます。

早いものでタンは今年の5月で8歳。
もう立派なシニアですので、こまめに検査をしていかないとですね。

慎重な先生でよかったですね。うらやましいです。
腎機能の悪化は静かに進行するので、BUNやCREに異常値が現れた時は
もう手遅れということが多いのです。
エルはカルボプラチンの毒性で慢性腎不全になってしまいました。
CREが上がって来たけどBUNが正常範囲だからまだ大丈夫という先生の
ことばを鵜呑みしていた僕が馬鹿でした。
後から高度医療センターの泌尿器科の先生に聞いたら、CREは筋量に比例
するので老犬の場合はCRE1.2が続いたらもう腎不全だそうです。
それ以前に腎臓のことを理解している医師は尿比重値、尿蛋白、尿pHや
触診によるむくみの有無などを重視するそうです。
タン坊は腎不全にならないように気をつけてあげてください。

Re: タイトルなし

イエロードッグさん

ご丁寧にありがとうございます。

早めに対処していこうと思います。
先生は手遅れにならないよう、腎機能の低下を遅らせることを重視して
いるようです。エナラプリル系の投薬は今の段階で絶対に必要であれば
続けますが、私にはまだその段階ではないように思うので
次回の検査時に話し合って決めたいと思ってます。

抗がん剤は諸刃の剣ですね。必ず副作用がでます。
今、父が抗がん剤治療をしているのですが、とても強い副作用に
悩ませられてます。生活の質を取るか、徹底的に癌と闘うのか
時として最善の方法がわからなくなります。

先代の時は病気には本当に無知でした。心臓病で亡くなったのですが
定期的に検査を受けていれば助かったのではと思うしきりです。

エルちゃん・・・今、桜が見事に咲いてますよ。春の匂いを楽しんで
くださいね♪

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

Sayoko

Author:Sayoko
ゴールデンレトリーバーと暮らしています。

2015.7.2生まれ 男の子。

2005.5.19生まれ 男の子。
左前肢の関節が悪く、リハビリ
治療中。2015.8.2天国へ。

お兄ちゃんゴル
1995.8.10~2004.12.22

 

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

QRコード

 

QR