2017-06

Latest Entries

金継ぎ

前から興味があった「金継ぎ」。

         DSC03660xx.jpg

普段使いにしているお皿の縁が欠けてしまい
このままでは使えないし、縁がちょっと欠けただけで捨ててしまったら
勿体ないお化けが出てきちゃう。
で、金継ぎに挑戦してみることに。

新しい物を購入するのは簡単だけど
ひと手間掛けて、使い続けるのも悪くない。

         DSC_2335c.jpg

さて、うまく修繕できるでしょうか?!
そこが問題だ(笑)

コメント

あ・・これいいですね。。
こんなのがあるんですね~~。。
せっかくの綺麗なタコ唐草・・手間隙かけて愛でたいですね。。
あたしも・・陶器好きです。。なかなか買えませんが♬

すごい!sayokoさんて、ほんとになんでもできちゃうのね。
金継ぎなんて、職人さんにお願いしなくちゃできないものだと思ってました。
実家の古〜い器でも、金継ぎしたものがあるんだけど、見るたびに昔の人の技ってすごいなぁと思います。
割れた陶器を漆で接着ってのもすごいけど、それを金粉で装飾して、工芸品としても楽しむなんて、発想が豊かだなぁ。
ステキに仕上がるといいですね。

Re: タイトルなし

マイマさん

本当は教室に通い基本を習えばいいのでしょうが
手っ取り早くキットを買ってみました。
作業が細かくて心配になってきました(苦笑)

陶器、マイマさんもお好きなんですね。
古伊万里のタコ唐草を見るとうっとりしちゃいます。
九谷など派手な物より、地味目な物が好きです。

Re: タイトルなし

じょじょさん

すごくないよ~!キットを買っただけだから~。
作業工程を見たら細かくて、終わるまで2ヶ月半はかかるみたい。
気の長い仕事になりそうです。
漆を塗って、乾かして、削って、金粉まいて、大変そうなの。
職人さんに頼んだらお高いわけですね。

ご実家の金継ぎした器、素敵なんだろうな~。
漆を接着剤にして、金を蒔くって、誰がどのように考えたんでしょうね。
昔の人の知恵って凄いんだ。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

sayo

Author:sayo
ゴールデンレトリーバーと暮らしています。

2015.7.2生まれ 男の子。

2005.5.19生まれ 男の子。
左前肢の関節が悪く、リハビリ
治療中。2015.8.2天国へ。

お兄ちゃんゴル
1995.8.10~2004.12.22

 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

QRコード

 

QR